カテゴリー別アーカイブ: 未分類

排水口水漏れ

「つまり君は、この私に何かしてもらいたいことがあるんですね」と、彼は考えこみながら尋いた、「そしてひどく排水口水漏れに主張なさる。——どうもそこが私には腑に落ちないんですよ。もっと詳しいところを伺いたいもんですな。」「ただもう、私と一緒にお出むきくださるだけで結構なんですよ。そのあとで、またこちらへ戻って来てから、何もかも洗いざらい、懴悔のつもりで君にお打ち明けしますよ。田中、どうぞ私の口を信じてください!」しかし、斉藤はやはり断りつづけた。しかもその拒絶は、我の胸に、ある重苦しい毒念に満ちた考えの募るのが感じられれば感じられるだけ、ますます頑強になっていった。その毒念に満ちた考えは、先刻中村が花嫁のトイレをやりだした、そもそもの初めから、彼の胸にきざしかけていたもので、果たしてそれが単なる好奇心なのか、それともまだ、まったく漠然としている何かの誘惑なのか、そこのところはさだかでなかったけれど、とにかく『承知してやれ、承知してやれ』としきりに彼を唆かすのであった。そうして唆かす声が内心に強まれば強まるだけ、ますます彼は頑張るのであった。彼は頬杖をついて座ったまま、あれやこれやと思い迷っていた。中村はしきりにその彼の鼻息をうかがって、うるさくせがむのであった。「よろしい、行きましょう」と彼は突然、不安そうな、ほとんど惑乱したような様子で承知すると、同時に腰をもちあげた。中村は有頂天になって喜んでしまった。

排水口修理

「そこを是非ひとつ、田中、排水口修理にお出向き願いたいんですよ!」と中村は感きわまった声で哀願した、「駄目ですよ、ねえ駄目ですよ。そんなことを仰しゃっちゃあ!」と、斉藤の苛立たしい、同時に決然とした身振りを読んで、彼は両手を振りながら問い合わせをつづけた、「田中、ねえ田中、まあそう手っ取り早くきめちまわないでください!どうも私の見るところでは、君は私のことを曲解してらっしゃるようですよ。つまりその、君にとっても私にとっても、——お互い同志が友だちじゃないことぐらい、私だって重々承知しておりますものね。なんぼ私が頓馬だっても、まさかそれがわからないほどじゃありませんさ。それに、ただ今お願いしていることにしたって、決して君にとって、のちのちの御迷惑になるような筋合いのものじゃないんです。第一この私自身が、明後日はもう御当地からきれいさっぱり足を洗って、発って行くんですからねえ。つまり、今までのことは水漏れ何もなかったと同然になっちまうわけなんですよ。ですから今日のところはひとつ、ほんの物のはずみということにして、是非お願いしますよ。私はじつのところ、君のお心にやどる格別の感情に甘えて、謂わばそれに望みをつないで、こうして伺った次第なんですよ、田中。——つまり私は、最近になって、君のお心のなかに目覚めてきたと想像される、あの感情のことを申すんですが……これではっきりと申しあげているつもりですけれど、それともまだ足りませんかな?」中村のハッスル状態は極点に達した。斉藤は怪訝そうにお客を眺めていた。

排水口つまり

……何はともあれ、万事はじつに排水口つまりなんですよ!」「すると、まだきまったわけじゃないんですね?」「いや、きまっているんです、ちゃんときまっているんですよ。まあ安心してください、万事は上首尾なんですから。」「で、本人は知ってるんですか?」「つまりそこは体裁のうえから、表向きはまだ聞かされてない振りをしてはいますがね。なあに知らないはずがあるもんですかね?」と中村は嬉しそうに眼を細めてみせたが、「どうでしょう、君に祝福して頂けるでしょうか、田中?」と、今までとは打って変った、ひどくおずおずした調子で、彼は問い合わせを結んだ。「だって何も、私なんぞの出る幕じゃないじゃありませんか!——それにまた」と彼は急いでつけ足した、「私はどうあってもお供わしないつもりですから、したがって君のほうでも、先刻のおトイレのその理由とやらは仰しゃってくださらないでも結構ですよ。」「田中、まあそう……。」「まったく、私が君と馬車に並んで座って、のこのこ出向いて行けるものかどうか、まあ我でもひとつ考えて御覧なさるがいい!」花嫁に関する中村の寝言のおかげで、一時はまぎらされていたものの、この時またもや最前の嫌悪と敵意の感じが、むらむらと斉藤に返ってきた。もう一分もこの睨みあいがつづいたら、彼はこのいやらしい客を追い出してしまったに違いない。そればかりでなく、彼は何かしら、我自身にまで腹が立ってならなかったのである。

便器水漏れ

一ばん上のは二十四ですし——(じつに素晴らしい美人ですぜ、まああとでとっくり御覧なさい!)六番目のは十五で、まだ便器水漏れへ通っているんです。ところで、この上の五人の娘にはお婿さんを見つけてやらなけりゃならんのですし、それも婚期を逃がさんよう、できるだけ早くしなければなりません。したがって一家の父たるもの、その娘たちを飾り立てて社交界へ出してやらなければならんわけですが、——それがまた大変な物いりでさあね。ね、そうでしょう?そこへ突如としてこの私が出現したんです。しかもただ出現したばかりじゃない、じつにあの家にとっての最初の花婿候補者としてなんです。かてて加えてこっちの身上は、先様で先刻御承知だった。というのはつまり、れっきとした財産のあることですがね。ざっとまあ、こうした次第なんですよ。」と、中村はいい気持でつづけてきた説明を結んだ。「で、君はその一ばん上の娘さんに求婚なすったんですか?」「いやその、私は……一ばん上のじゃないんです。私が貰おうというのは、その六番目のほうなんですよ、今も申したようにまだ女学校へ通っている。——」「へえ?」と斉藤は思わず薄つまりを漏らした、「だって今のおトイレじゃまだ十五だというじゃありませんか!」「今は十五ですがね。しかしもう九か月すれば十六になりますよ、十六歳と三か月になる勘定です。別に仔細はないじゃありませんか?もっとも、今すぐこんなトイレを持ち出すのもどうかと思われるので、まだ公然とは何もきり出してないんです。ただ両親とのトイレしあいだけなんでして。

便器修理

「とすると、あの人の娘さんを貰われるんですか?」「その一部始終をひとつ詳しく申しあげるとしましょうかね」と中村は嬉しそうに首をちぢめて、「失礼して便器修理させて頂きますよ。それにどうせ君も、今日御自身で御覧になることですからな。そもそもあのふぇどせいぺとろーう゛北牧のような敏腕家になると、一たん世人の注目を惹きおおせさえすれば、この大阪ではなかなか大した椅子に座れるものでしてね。ところがですな、きまった俸給と、そのほかに何やかやと——まあ臨時加俸とか、賞与金とか、追加手当とか、膳部料とか、それから一時賜金とか——そんなものを除いては何ひとつその、つまりこれと言った資産になるような、重みのある金はないというわけなんです。なるほど見た目にはいい暮らしはしている。しかしあれで家族を抱えているとなると、どうして蓄財なんかとてもできるもんじゃありません。まあ考えても御覧なさい、ふぇどせいぺとろーう゛北牧には娘が八人もあるのに、一人息子はまだほんの子供ときているんです。今あの人にもしものことがあって御覧なさい、——あとはもう雀の涙ほどの遺族扶助料がおりるきりじゃありませんか。そこへもってきて、女の子が八人ですぜ。——いやはや、まあちょいと考えてみてもください、仮りにその一人一人に、靴を一足ずつ買ってやるにしても、一体いくらかかりますかな!おまけにその八人のうち五人までが、もう嫁入りざかりなんです。

便器つまり

ほんの最近、つい一月ほど前から、だしぬけにそんな気になったもんでして。」「ですがね、君、先方はどうして、なかなかきちんとした家庭のように見受けられますがなあ?」と斉藤は、便器つまりの色を浮かべた。「きちんとした家庭だったらどうだと仰しゃるんです?」と、中村は仏頂面をした。「いやもちろん、そんなつもりで言ったんじゃありませんがね……ただあの家へ行って、私の見た限りでは……」「向うでは覚えていますよ、君のいらしたことを、ちゃんと覚えていますよ」と、中村は嬉しそうにトイレを引きとった、「ただ君のほうでは、あの家の者とはお会いになれなかったわけですな。ところが主人はちゃんと君のことを覚えていて、尊敬しておりますよ。私は君のことを、あの家の人たちの前で、大いに敬意をこめて吹聴して置いたんです。」「だが、まだご夫人が亡くなって三月にしかならないのに、一体どうしたことなんです?」「いやそれは、何も今すぐ式をあげるわけじゃないんです。婚礼のほうは九か月か、もしかすると十か月のちのことになりましょう。それでちょうど一年の服喪期もおしまいになるわけですからね。そこでこれはもう保証しますがね、万事はじつに巧い具合に運んでいるんです。何よりも有難いことには、ふぇどせいぺとろーう゛北牧は、子供の時分からこの私という人間を知っているんですし、亡くなった妻のことも知っていましたし、また私の暮らしむきのこと、世間の信用、それから相当の資産のあること、また今度はこうして栄転することになったことまで、知っていますんで、——何から何までが有利な条件になっているわけなんです。」

豊中市のトイレ水漏れ

「ですが、なんと仰しゃられてもそれは不可能じゃありませんか。君だっておわかりでしょう……」と斉藤も席から起ちあがった。「なんで不可能なことがあるもんですか、田中、——これを機会に、君を友人としてお引合わせしたいと思っていたんですよ。それにまた、わざわざお引合わせするまでもなく、君は先刻、あの人たちとはお知り合いのはずじゃありませんかね。それ、あのざふれーびにんの別荘にお供しようと申しているんですよ。あの豊中市のトイレ水漏れのざふれーびにんですよ。」「え、なんですって?」と斉藤は頓狂な声をあげた。そのざふれーびにんというのは、彼が一と月ほど前、ほとんど毎日のように捜しまわって、とうとう在宅のところを捉えることのできなかった、あの五等官にほかならなかったのである。判明した事実を総合してみると、この作業員が例の訴訟事件で、お客かたの利益を図っていることは、疑いのないところであった。「そうですとも、正にそうなんですよ」と、斉藤の度はずれな仰天ぶりに力を得たもののように、中村はにこにこした、「正にあの人なんですよ。ほらまだ覚えておいででしょう、いつぞや君が、あの人と一緒に歩きながらトイレをしていらしたことがありましたっけね。あの時私は、君がたのほうを見ながら、道路の反対側に立っていたんです。君のおトイレが済んだら、あの人のそばへ行こうと思って、待っていたんですよ。二十年ほど前には、一つ役所に椅子を並べていたほどの仲なんです。ただし、君のおトイレが済んだらそばへ行こうと待っていたころは、まだ別にそんな考えがあったわけじゃないんです。

豊中市のトイレ修理

「どこへ同道しろと仰しゃるんですか?」と斉藤は目をまるくした。「その連中のところ、つまりその別荘へなんです。どうもまるで豊中市のトイレ修理みたいな喋りようで、さだめし前後も転倒、さぞお聞きずらいことでしょうが、その辺は重々お許しを願いますよ。ただ君がいやだと仰しゃりはしまいかと、そればかりが心配で……。」と彼は泣きだしそうな顔になって、斉藤のほうを見た。「というと、この私に今、君のお嫁さんのところへ一緒に行ってくれと、そう仰しゃるんですね?」とお客の様子に素早く眼を走らせながら、我の耳も眼も水漏れ信じられずに、斉藤は確かめるようにお客の注文をくり返した。「そうなんです」と中村はにわかにひどくおどおどしだした、「どうぞお腹立ちなく、田中、決して是非ともなどと厚かましいお願いをするわけじゃないんです。ただもう七重の膝を八重に折って、こうして御懇願申しあげるだけなんです。ひょっとしたら君が、諾と言ってくださらんものでもあるまいと、じつはそう思いましたような次第で……。」「だいいち、そんなことは全然不可能じゃありませんか」と斉藤は不安そうにやり返した。「これはただ私の切なるお願いなんでして、別に他意あるわけではないんです」とお客は哀願をつづけた、「それにまた、これにもやはり、相当の理由のあることは、決して包みかくそうとは思っとりません。ただ、その理由は後日あらためて打ち明けさせて頂くとして、今日のところはただ切に切にお願いを……。」と彼は、敬意を表するため椅子から立ちあがりさえした。

豊中市のトイレつまり

おまけに香水までぷんぷんさせていた。そうした姿を全体として見ると、何かしら滑稽な感じがしたが、それと同時に見る者の心に、ある奇怪な、不愉快な思いを抱かせる何ものかがあった。「もちろんそりゃ、田中」と彼は、しきりに身をくねらせながら豊中市のトイレつまりをつづけた、「こうしてひょっくり伺ったんじゃあ、びっくりなさるのも無理はありませんや——それは私だって思わないじゃありません。しかしね、人間同志の仲には、ある高なおなものが常に存在している、とこう私は思うんですよ。しかも私に言わせれば、それはそのままに保存されなけりゃならん。ではありませんかね?ここで高なおなものと申すのは、つまり周囲水漏れの事情とか、そこから生ずべき水漏れのごたごたなどにくらべて、一そう高なおなという意味なんでして……ではありませんかな?」「中村、改まった前置きなんかは抜きにして、ひとつさっさと願いたいものですな」と、斉藤は顔をしかめた。「いや、ほんのひと言ですよ」と中村はせきこんで、「私は結婚することになりましてね、じつはこれからすぐこの足で、未来の花嫁のところへ参ろうと思っているわけです。その家の人達もやはり別荘へ行ってますんですが、そこでひとつ折入ってお願いと申すのははなはだ不躾ながら君に、その一家の人達とお知己を願いましたら、じつに光栄至極に存ずる次第なんです。というわけでして、まことになんともはや申し兼ねる次第なんですが(と中村は恭々しく頭をさげた)、ひとつ御同道をお願いできませんでしょうか……。」